注意事項

沖縄モリンガ モリンガのタイトル

注意事項


アルカロイドの影響

モリンガを食品として通常の量を経口摂取する場合はおそらく安全と思われますが、 多量に摂取するとアルカロイドの影響により子宮収縮や流産の可能性があるためモリンガを妊婦が摂取することはおそらく危険です。
そのため、平成16年5月に厚生労働省からモリンガに対して注意喚起が行われました。


以下、その原文を引用


平成16年5月

Moringa oleifera(いわゆるモリンガ、ワサビノキ※)について
※  根に香味があることからワサビノキと呼ばれることもあるが、わさび(山葵)とは全く異なる植物である。

Moringa oleifera(以下「モリンガ」という。)及びその加工品については、現在、国内において販売されているとの情報は得ておりませんが、外国の事業者のホームページにおいて、日本語での販売宣伝例があります。
極めて限られた情報として、モリンガの葉の抽出物を妊娠ラットに対し高用量を経口投与したところ、流産がみられたとの文献報告がありました。
このため、モリンガ(加工品を含む。)の摂取に際しては、妊娠している方又は可能性のある方は十分にご注意して下さい。
なお、国内におけるモリンガの加工品の販売につき照会した事業者に対しては、仮に販売する場合には妊婦等への注意喚起表示をするよう指導しました。

モリンガとは(出典 Tanaka’s Cyclopedia of Edible Plants of the World)
【学名】 Moringa oleifera LAM.(M. pterygosperma)
【別名】 Horse-radish tree、Ben nut、Malungai(タガログ語)、Sanjanaa(ヒンズー語)
種は炒って食べ、味はピーナツのようである。果実は調理したり漬けて(ピクルスにして)食べる。葉と花は、枝と同様に、香味野菜として食べる。根は刺激があり香辛料として使用する。

照会先:食品安全部基準審査課 新開発食品保健対策室 大曽根(4271)


アルカロイドとは

アルカロイドは窒素原子を含み塩基性を示す天然由来の有機化合物の総称で近似種を含め約数千種があるといわれています。
アルカロイドは強い生物活性をもつものが多く、植物毒であったり薬用植物の主成分であったりして医薬品の原料として用いられています。
どの植物の中にも普通に存在しており、人体にとって薬でもあり毒でもある物質なのです。


トップページ
モリンガ販売コーナー
なぜ安いのか?
お召し上がり方?
殺菌方法と色と味
出会い
送料について
クリックポストについて
レターパックプラスについて
宅急便について
お支払いについて
セキュリティポリシー
個人情報の取り扱い
法定記載事項
メール
藪地島
勝ってな言い分
注意事項


※当店は広告E-MAILやダイレクトメールは一切お送りしません

※当店はお客様の個人情報についてお取引完了後は保持いたしません


葉


幹


全体


当店のモリンガは、沖縄での最初のモリンガ栽培農家の一人であるハルサー(畑人)の手により種から育てられたモリンガを使用しています。
海外から輸入するモリンガとの最大の違いは、栽培・加工・パック詰めなどの全ての行程に一人の人間が携わっている事です。
ですので製品には(生産製造農家)として名前・住所・電話番号が記載されています。
ページトップに戻る
沖縄モリンガ格安通販
[モリンガ沖縄]
住所:〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村冨着209、電話:098-964-3235(沖縄レンタバイクと共用) FAX:098-975-8666
業種:沖縄のモリンガを格安で通販(通販のみで実店舗はございません)
定休日:沖縄レンタバイクと連動 ※水曜日・木曜日・悪天候日・年末年始、など
営業時間:9:00から17:00
その他:モリンガ沖縄は沖縄レンタバイク内にあります